サービス内容

HOME > サービス内容 > コンセプトワーク
コンセプトワーク
3C分析をもとに、ホームページの目的、ターゲット、手段、ゴールを明確に設定し、戦略的な構成を行います。

コンセプトワーク策定

ホームページを活用するために最も必要なのは、
目的・目標・ターゲット・強み・ゴール・キーワードを定めるコンセプトワークです。

目的
ホームページに1つの役割を持たせます。
『会社の考え方を伝えたい』『求人がしたい』『売上を上げたい』『商品を知ってもらいたい』など、あれもこれも様々な目的が混在すると、結局は何も伝わらないホームページになってしまいます。
目標
『1ヵ月に無料相談の問い合わせを20件獲得する!』など、具体的な数字目標を立てます。
具体的な数値を目標にすることで、打つべき手段が明確に見えてきます。

数値目標が明確になっていれば、その目標を達成するために様々な施策を施すことが出来ます。
例えば、問い合わせ数を2倍にするには、①集客施策によりアクセス数を2倍にする、②導線改善により離脱数を少なくし、最終ゴールまで誘導する、というように、打つべき手段が見えてきます。
ターゲット
より具体的なターゲット像を策定します。
性別・年齢・人となり・価値観・好き嫌いなど、具体的に設定することで、キャッチコピー・内容などが響くものになります。
強み
『自社・サービスの強みは?』と問われた時に、即答できる企業は多くありません。また、強みと思っていても一般ユーザーから見れば選ぶ理由にならないことも。。。
強みを明確にすることは、商圏に絞り込んだ地域のインターネット上でのNo.1戦略となるのです。
ゴール
企業間取引や商品サービスの単価が高額なものは、一足飛びに契約・購入とはいきません。
ホームページ上でのゴールは無料相談会や資料ダウンロードなど、敷居の低いものにすることがポイントです。
キーワード
ホームページはユーザーがキーワードで検索して初めて接点となるため、キーワード選定は成功の大きな要です。
ユーザーが自社の商品サービスを探すとき、どのようなキーワードで探すかを推測しキーワードツールで分析、効果の高いキーワードを選定します。

3C分析 (市場・顧客、競合、自社分析)

事業戦略を考える時、『市場・顧客』『競合』『自社』の視点から成功要因を見つけ出し、自社の戦略を立案します。
ホームページを制作する際にも3C分析を行い、それをもとにコンセプトワークに落とし込みます。
自社を取り巻く環境をしっかりと認識することで、経営におけるホームページの役割・位置づけも俯瞰することができます。

現状把握

アクセス解析データをもとに、ホームページの現状を『見える化』し、既存ホームページが抱えている課題をあきらかにします。
また、『自社の強みが訴求できているか』『問い合わせフォームへたどり着きやすいか』など、ユーザー視点 による目視診断なども行うことで、課題改善のための施策提案を行います。

ホームページ制作

コンセプトワークに基づき、必要なコンテンツの洗い出しや戦略を策定します。
目標を達成するためのキャッチコピーやライティング、デザインによりホームページ制作を行います。
ただ制作するのではなく、SEO対策を施したホームページ構築を行いますので、集客アップも見込めます。

サービス内容
コンセプトワーク
集客
導線改善

株式会社 四国パソコンシステム / 〒760-0079 香川県高松市松縄町1057-14

  

Copyright © 株式会社 四国パソコンシステム All Rights Reserved.

株式会社四国パソコンシステム
087-867-0335
上記電話番号をタップすると発信します。
営業時間 10:00~19:00

閉じる